QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
伯楽の大家
伯楽の大家
神戸元町で時間貸しスペースを運営している伯楽です
ベンチャー企業向けのオフィスも提供しています

2017年04月30日

須磨海づり公園で水中撮影



釣れないと魚がいないのではと思いますよね
ジャー海の中を覗いてみましょう

今回は、カゴにカメラを付けて沈めています
前回よりは改良してよくなっているはず

第2釣台の西側の真ん中からコの字の内側を流します

① まず始めに3回流しました。そのうちの一つです
  うまい具合に流れていると思ったら
  
② ①の映像を確認して、1m棚を下げて3回撮影したうちの一つです
   海底が写っています
  あれれれ流れる方向が逆です
  違う違うカメラの方向が、思っていた逆です

③ ②の映像をチェックして、棚を70㎝下げて、3回撮影しましたうちの一つです
  コの字の真ん中はこんな感じです
  想像したのと違っていました?

④ またまた③の水中映像をチェックして50㎝棚を下げて撮影しました
  こんな水中映像は、初めてではないでしょうか
  色々言いたい事はありますが( ^ω^)・・・
  
  釣りの革新と見える化の第一歩です

水中映像は、↓です

① https://youtu.be/EC7-Qxwe_ts

② https://youtu.be/eLwFJt27tZU

③ https://youtu.be/fglSy_T7E6U

④ https://youtu.be/2s0Lpv5E-8s


此の為に、坊主6連敗になりました
水中映像をチェックして、調整してまた撮って、又見て修正して・・・
時間がかかります
やっぱり、釣りは釣り
水中撮影は、水中撮影のみですね
両立は、難しいです


  


Posted by 伯楽の大家 at 20:47Comments(1)

2017年04月30日

須磨海づり公園で、釣り指導員

須磨海づり公園で、釣り指導員して来ました



受付の前に、今日の潮止まりが書かれていますので、必ずチェックしましょう

園の方に挨拶して、近況を伺います
はっきり言って、この時期は、サビキ釣りでアジにイワシが釣れないので、厳しいです
家族で、海を見ながらおにぎりを食べて、思い出作りをして、釣れればラッキーぐらいに思ってお越し下さい
子どもたちは、すぐに大きくなります
一緒に行ってくれるのは、今の時期だけですよ
大きくなると・・・・

園に入園されてまずは、第3釣台に荷物を置いて、園を一周してください
どこでどんな釣りをされているか、見て回るのもお勉強です
須磨海づり公園は、極ものの常連さんが沢山おられます
その方たちの釣りをじっと観察するのも、非常にためになりますから

それと、沖の方が釣れそうな気がしますが
潮が速いと非常に釣りづらいし、釣れません
そんな時は、潮が緩むまで第4釣台で釣りをして、緩み出したら第3釣台や第2釣台で釣りをする
その為には、潮止まり時間の確認は、大切です

一つ一つお勉強です








  


Posted by 伯楽の大家 at 20:00Comments(0)

2017年04月29日

忘れていましたキス釣り

btさんのブログ見るまで、気づきませんでした
と言うより忘れていました
http://bluetetrist.blog.jp/archives/70695943.html


btさんのブログより拝借してきました

★大会名称
bt2017 シロギス グローカル・チャレンジ

★審査対象
シロギス 1尾最長寸 (15cm以上)

★応募コース  
A.ローカル部門(神戸市須磨区で釣ったシロギスで応募)  
B.グローバル部門(A以外の場所で釣ったシロギスで応募、日本全国、世界各国どこで釣ってもエントリーできます。)  

釣り場について
A部門B部門とも、船釣り、海洋釣堀等 管理釣り場は除外いたします。 
海釣り公園、渡船による一文字での釣果でもエントリーできます。 
どのエリアにお住まいの方でもエントリーできます。 

★エントリー期間
2017年4月1日(土)0時から、12月31日(日)正午までにbtに着信。
月間MVPは各月末日正午締め切りです。

★エントリー方法
btブログ「コメントを書く」より、メール欄にあなたのメールアドレスを入力して、大会エントリー希望の旨コメントをお送りください。
※どの記事からでも結構です。

そうなんです
4月は、あと1日あります
せっかくある機会なのですから、これも何かのお導きかも
と言う事で、キス釣り用ちょい投げ1セット用意します
20㎝超えたら、エントリーします
で、締め切りは・・・・各月末日正午締め切りです・・・・
アウトじゃん 物理的、時間的に無理です
残念!! 
という事で、私は元の路線に戻りますが、チームbtメンバーは、頑張ってエントリーして下さい

私は、かつ丼で、btさんはカツカレーをいただきながら、4月の月間MVPが決まるのを待っています  


Posted by 伯楽の大家 at 21:21Comments(0)

2017年04月29日

真鯛釣りin須磨海づり公園

園の釣果情報を見ていると、真鯛が釣れています
心が揺らぎます
で、予備の仕掛けを持って行く事にしました
水中撮影していて、いきなりロストすると、終わってしまいますので、そこはそこ
可能性の釣りと言う事で、頑張ります

今日は、天気予報通りに、雷雲による雨がありました
今は、いいお天気です
このままで、明日も行きましょう

釣り指導員の準備が、終わりました
明日は、自分の目で見て、状況を確認します

みんな釣れたらいいのにね~~~
  


Posted by 伯楽の大家 at 18:06Comments(0)

2017年04月28日

釣り指導員in須磨海づり公園



釣り指導員が、始まります
どんな出会いが、待っているのでしょう
楽しみです

こんな出会いもありました
おかげで、色々楽しませていただいています



  


Posted by 伯楽の大家 at 23:26Comments(2)

2017年04月28日

明日からゴールデンウイーク

明日からゴールデンウイークに突入します
1日、2日は仕事なんですが
明日、29日は、娘が社会人になって初めて、お給料をいただきました
それで、お昼をご馳走してくれるそうで、中華になりました
なんだかうれしいような~~~~中華、中華!!

30日(日)は須磨海づり公園で釣り指導員しますが、実際お魚が釣れてるかどうか
ホームページを見ると、真鯛の記録賞が出ていました
これは、常連さんだからこそ為せる業です

では、普通の人はどうやって釣るか
カレイも難しそうですし、キスも出だしていますが、狙って釣れるかどうかやってみなければ、分かりません

せっかく来たのだから、夕食に乗るお魚が釣りたい
メバルも釣れない
ガシラもミニサイズでは・・・

ここで、考え方を変えて、エサ取りを釣りましょう
エサ取りと言えば、フグですがこれは除外します
毒魚は全て、外します
後は、オセンやタナゴがいます。小骨が多いお魚です
私が狙うのは、ハゲです
アミエビの撒き餌で寄せて、青虫で食わす
あくまでも予定です
なかなか思うように行かないのが、この世の中です
などと、釈明会見みたいになっています

また、今年も釣り指導員が始まります
楽しいひと時を過ごしていただく為に、誠心誠意努めさせていただきますので、よろしくお願い致します

私を見かけたら、一声掛けて下さいね
どうすれば、釣れるか聞きますので、(笑)
  


Posted by 伯楽の大家 at 20:21Comments(0)

2017年04月27日

5月と言えば



5月と言えば、そろそろ縞々ちゃんが釣れ出します
四国の方からは、結構大判釣れた情報が入って来ています
このゴールデンウイークに石鯛を狙いに出かける磯釣りクラブの者もいます

須磨海づり公園でも、今か今かと竿を出している常連さんもいます
石鯛を釣りだすと、その引きを味わうとやめられません止まりません

私の今の関心は、須磨・平磯海づり公園の海の中はどうなっているかです
もう足元に来ているのでは、ないでしょうか
また、今年も熱い季節がやって来ます
  


Posted by 伯楽の大家 at 17:58Comments(0)

2017年04月27日

マダイ釣りと言いたい所ですが

ゴールデンウイークは、真鯛釣りと言いたい所ですが、エサ取りを釣りに行きます
これも、一興でしょう
では、真剣にエサ取りを釣ります
釣り方は、カゴ釣りです
通常ですと、真鯛を狙いますので、ハリス6号2ヒロにハリ 小鯛9号です
それでは、なかなかエサ取りは釣れません
では、どうするかと言うとハリスを細く短くし、ハリを小さくします
例えば、ハリス2号矢引にハリ 狐4号です
これで、3回ほど流してみて、状況を確認します
普段であれば、当たりもなくエサだけ取られて、何がエサ取りだろうと考えるのですが
今回は、秘密兵器があります
そうです、水中カメラです
エサ取りが、エサを取っているのを確認出来ますし、何がエサ取りかも見れます
これで、釣れなきゃおかしいでしょう(笑)

撒き餌は、溶かしたアミエビを1ブロック
刺しえは、青虫です
これで、お魚が釣れれば、経済的です

段々気分は、カゴ釣り一色になって来たので、あれもこれもしないで、カゴ釣りで頑張ってみます
この釣り方だと、クーラーと竿1本あれば、釣りが出来るので、装備が少なくて済みます
  


Posted by 伯楽の大家 at 12:46Comments(0)

2017年04月26日

カゴ釣りでエサ取り釣り



カゴ釣り用のカゴを改良しました



目的は、サシエをかすめ取るエサ取りの水中映像を撮るためです
まずは、須磨海づり公園で試してみます
ただ、当初 シラサエビで段取りしていたのですが、品薄という事で
アミエビを前日から溶かしておいて、撒き餌とします
サシエは、青虫で行きます

ハリス 2号 矢引き
ハリ 狐 4号

エサ取りの水中撮影がメインなのですが、もう一つ目的があります
それは、海底の様子を撮影する事です
荷物が増えるので、こちらだけで行こうかと考えています

今の課題は、カメラを付けていても、トラブルなく釣る事です
MUSONではなく、GoPro HERO5 Sessionカメラ なんかだとコンパクトでいいのですが、お値段が( ^ω^)・・・
どうしても、ロストするリスクがある以上ね~~~

これで、しばらく試してみます
課題は、ひとつづつ解決して行きます

サルカン部分は、圧縮チューブで固定しました
カゴとカメラの接続部分は、ステンのネジで留めています
カメラが潮下を向くように、天秤に抵抗版を付けました
大きさがどれほどにすればいいのか分からないので、取り敢えず付けました
カゴの負荷は、10号を使いました
カメラを取り付けると、水中では12号ぐらいになります
須磨海づり公園では、投げる必要がないので、足元に落とすので早く棚に着くように重くしました

魚釣りを考えずに、こんな事をして楽しんでいます






  


Posted by 伯楽の大家 at 23:42Comments(0)

2017年04月26日

ゴールデンウイークは、海づり公園へ

ゴールデンウイークは、どこに釣りに行くか決まりましたか
私のお勧めは、須磨・平磯海づり公園です
但し、混雑が予想されるので、園のホームページとブログのチェックは怠らないようにお願いします
先日、平磯海づり公園の3番テントと4番テントの間で釣りました
釣り人が少なくて、ラッキーと思っていたのですが、理由があったのです
園のホームページをちゃんとチェックして行けば、場所の選択は違ったものになったかも知れません

問題は、ホンダワラです
私は、カゴ釣りをします
潮が緩んで来ると、ホンダワラが海面に漂って来ます
仕掛けを巻き上げてくると、これが結構邪魔でした
隣で釣っていた、クラブのTさんは、せっかく真鯛を掛けたのに、手前に寄せて来て、ホンダワラに引っかかってしまい、水面まで浮かして姿も確認したのですが、結局ばらしてしまいました。
もったいなかったです。



こんな事にならないように、事前に園のホームページにブログのチェックをお忘れなく

  


Posted by 伯楽の大家 at 07:11Comments(0)

2017年04月25日

エサ取り釣りin須磨海づり公園



平磯海づり公園の事ばかり書いていましたので、須磨海づり公園の事も書きます
4月30日(日)午前7時から午前11時まで、釣り指導員に行きます
今年も、4月29日から両園にて釣り指導員が始まります
見かけたら、一声掛けて下さいね
常連さんは、情報下さい
初心者の方は、アドバイスさせていただきます

石鯛第1号を今か今かと狙っている常連さんもいます
海の中を見たいですよね
釣り指導員が終わって、お昼から水中撮影します
今回は、三脚を海底におろして水中撮影するタイプとカゴにカメラを付けて流して行く2種類で、撮影します
もちろんゴールデンウイークなので、沢山のお客様が来られていますお客様にご迷惑がかからないようにします。



三脚で撮影するのは、こんな感じです
三脚を海底までおろして、モニターで見ながらゴープロのカメラで撮影しています
こちらは、定点観察します



こちらは、最新タイプです。 まだまだ改良の余地はありますが
このカメラで撮る目的は、海底の様子とエサ取りにエサが取られる所を撮る事です
三脚では、足元しか撮影出来ませんので、このタイプで撮影すると、範囲が広がりますし、気づく事が沢山あると思います

今回は、パッドを持って行きますので、撮影した動画をその場でチェック出来ます
これ大事です

カゴ釣りの方は、園でシラサエビを買って出来るだけ道具を軽くするようにして行きます
でも、それなりの装備になりますね  


Posted by 伯楽の大家 at 08:09Comments(0)

2017年04月24日

エサ取り釣りin平磯海づり公園

https://www.youtube.com/watch?v=LB0YBdUp97Q

過去に撮影した水中映像です
この中で、ハゲにサシエが取られるシーンが写っています
ハリスは、2ヒロなんですが、からんでカメラのすぐ前にエサがぶらぶらしていて、一瞬でハゲにエサを取られました
これでは当たりが出ないですね

で、思いつきました
そうです。エサ取り釣りです
普通は、カゴ釣りで真鯛を狙っているので、それなりの仕掛けで釣っています
それを、エサ取り釣りに仕掛けを変更すれば、どうでしょう
カゴまでは、同じでそれから先の仕掛けを変えます

ハリスを細く、短くして、ハリもハゲ用に変更します
エサも、シラサエビ、マムシ、青虫を用意して、水中撮影してその違いを確認します

皆様もやってみませんか、エサ取り釣り!!
そんな事をしていると、真鯛に仕掛けを切って行かれるんやと言われそうです。あははははh

  


Posted by 伯楽の大家 at 18:37Comments(2)

2017年04月24日

海づり友の会 会員証



須磨・平磯海づり公園の海づり友の会 会員証です
年会費 1,500円で、色々特典があります
詳しくは、園のホームページでご覧ください

http://www.umiduri.com/

園から拝借しました


今年も更新しました
皆様も今年の4月から来年の3月末まで使えるので、昨年の同期間に園を利用された状況を知らべて、今年のスケジュールを立てて入会されてみてはいかがでしょうか

3時間を超えて釣りをされる場合は、1日フリー券がお得です
今は、昼から出かけて楽な釣りをしているので、開園前から並んで閉園まで釣ると言う事はありません
根性のある方には、非常にお得です

私は、カゴ釣りなので、出来るだけ釣り人の少ない時を狙って行きます
それは、土曜日のお昼前ぐらいからの釣りで、干潮か満潮の前後1時間があるようなタイミングに釣行プランを立てています
例えば、平磯海づり公園に釣りに行く場合
今ですと開園は、午前6時からなので、基本4時間で1時間延長しても午前11時ぐらいには、朝から釣りされているお客様は帰られます
その頃を見計らって、入園します
受付で、来場者の状況を聞きます
一応、候補としては2か所ぐらい考えて、まず見に行きます
知り合いがいれば、朝からの状況を教えてもらいます
これで、だいたいどこで釣るか決まります

釣り場が決まれば、両サイドの人に挨拶して、釣り支度を始めます
心がけている事は、一度決めた場所は、その日はそこで釣ると言う事です
釣れないと、やっぱりあっちの方がよかったのではと頭の中をよぎるのですが、そんな事をする日は、どっちみち釣れません
それよりも、同じ所で粘ってワンチャンスを待ちます

夕方になって、急に釣れる雰囲気がする事があります
で、実際帰る間際で1枚釣った経験が何度もあります
だから、粘れるんですけどね

この1枚釣れるのと釣れないのでは、全然次回への思い入れが違ってきます
真鯛釣りは、釣れる時は何も考えずにポンポンと釣れますが、釣れない時の1枚は本当に嬉しいものです

また、その時期が来たようなので、海づり公園でお会いしましょう

  


Posted by 伯楽の大家 at 08:21Comments(0)

2017年04月23日

真鯛釣りin平磯海づり公園3



過去のYouTubeにアップしていた、平磯海づり公園の水中映像をチェックしていました
結構、あちこちで投げていました
まだ、方法論が確立していませんね
試行錯誤の日々です

その中で、ハゲが上手にエサをかすめ取って行きます
なるほど、これでは当たりが出ませんね
当りを出そうと思えば、ハリをそれなりのハリに変える事です
簡単な事ですが、狙っているのは、そう真鯛です
ハゲは、外道です
でも、食べて美味しいお魚です
2~3匹はお土産に持って帰ると、家族に喜ばれます

もう少し、簡単にカメラ付きカゴ釣りが出来るようになれば、釣り方も変わって行く事でしょう
  


Posted by 伯楽の大家 at 22:29Comments(0)

2017年04月23日

水中カメラ付きカゴ釣り



平磯海づり公園で、水中カメラ付きカゴ釣りをしました
釣り方としては、海底の様子とエサ取りの状況を把握するために、水中映像を撮って、その場でパッドにて確認して、ウキ下に仕掛けの微調整をして、また釣ると言うものです

1.初めて投げると、色々トラブルが出るもので、まずカゴとカメラの接続部赤い部分ですが、可動式にしたのは間違いでした
固定しないと変な角度で止まって、映像が斜めっていました
2、潮下に向けてカメラが向くようにしたつもりが、潮上を向いてしまいました
3.仕掛けは、始め絡みましたが、釣り方で大丈夫でした
  これはこれで、行けそうです
4.海底の様子が分かると、自ずと釣り方が変わります
  エサ取りにどうエサが取られているか見れると、速攻で対策が取れて、その場で改善出来て、その結果をすぐ確認できます
リアルタイムではありませんが、今の時点では充分です

ただ、予想していない事態になりました
それは、


巻いてくる時に、水面の海藻にひっかかって、引き抜こうとして力を入れ過ぎて、カゴが飛んで来て堤防に激突してしまいました
当たった所が、カメラのレンズの所でした
え~~~防水ケースのレンズの部分にヒビが入ってしまいました

水中撮影は、ここまでです

自宅に帰って水中映像を見てみると、まともに撮れていたのは、一つでした
ちょっと編集しました。まともに見ると目が回りますので

https://www.youtube.com/watch?v=s1D7mnhnfj4

これからですね

それと、防水ケースですが、Amazonで調べると1,000円ちょっとで代替品がありました
早速注文しました

色々課題がありますが、これも楽しみなので、一つずつ改善して行きます(笑)

最後に、カメラ付きカゴは、結構重量があり安定して飛んで行ってくれました
カメラから水面に突っ込んでいくので、どうかなと思っていましたが、大丈夫でした

これから、YouTubeに水中映像をアップして行きますので、参考にして下さい
  


Posted by 伯楽の大家 at 08:19Comments(0)

2017年04月22日

真鯛釣りin平磯海づり公園

日本海のメバル釣りが延期になりましたので、平磯海づり公園で真鯛を狙って来ました



3番から4番の間で釣るか、西端で釣るか迷ったのですが、3番と4番の間の方が、人がいなかったので釣り始めました

今回は、始めから水中撮影をしようと、カゴにカメラを取り付けて投げました


上手く撮れていませんが、最初ですのでこんなもんです
場所は、4番テント東側です。写真を見てもらうとわかると思います

https://youtu.be/s1D7mnhnfj4

棚は、カゴまで9.5mです
本当に砂地でした
カレイ狙いによさそうです
今度は、3番西側を撮ってみます

何度か投げましたが、色々不具合が見つかりました
改良します
カメラを付けて投げる時は、そこそこ重量があるので、飛ぶのですが6号のカゴでは軽かったようです
オモリを追加するか、カゴを10号にするか考えます

クラブのTさんが、真鯛を掛けましたが、手前の海藻に絡んで取り込めませんでした
潮が緩むと、水面に海藻が漂っています
水面で真鯛の姿を確認したのですが、本当に残念でした



真鯛は、います

園の釣果情報に載っている、山中さんの真鯛も見せてもらいました
これからですね




  


Posted by 伯楽の大家 at 21:14Comments(2)

2017年04月21日

平磯海づり公園で真鯛釣り

22日(土) 日本海のメバル釣りが遠ざかっていきます
だからと言って、釣りをしないと言う選択肢はありません

そうなると、平磯海づり公園に行きます
真鯛が釣れるかどうかは分かりませんが、今年の真鯛釣りのスタイルで投げてみます

私の釣り方は、シラサエビを使ったカゴ釣りです
今年のスタートは、このカゴに水中カメラを取り付けて、仕掛けがカゴからどのように出て、魚がどのように食って来るかを見て確認する事が出来ます



初めてこのタイプで釣りをするので、色々トラブルが出ると思います
ですので、通常の仕掛けも用意します
真鯛釣りをする時は、必ず2セット持って行っています
カゴ6号負荷用と12号負荷用です
今回は、12号負荷とカメラ付きカゴなので、だいたい9号負荷ぐらいでしょうか、10号負荷の自作ウキを調整します



ウキも今年一年使えるだけ作りましたので、余裕です

エビ活かしクーラーもシマノの26ℓを使っています
これに、ブクを2個付けています



こんな感じで釣っていますので、見かけたら一声掛けて下さい
情報交換しましょう  


Posted by 伯楽の大家 at 07:02Comments(0)

2017年04月20日

メバル釣りの行方

22日土 半夜のメバル釣りに行くのですが、お天気は回復するみたいなんですが、北風が残るようで・・・
磯釣りで風は大敵です
特に、メバル釣りには



明日には、どうするか決まりますので、それから次を考えます

日本海のメバル釣りの仕掛けは、ハリメバル9号にハリス フロロ2号
ハリス矢引取って、両サイドにハリを結びます
片端から10㎝の所から折り返して八の字結びして、下ハリの上15㎝にがん玉2号を一つ付けます

それを仕掛け巻きに、5本巻いて1セットとします
それを、3セット持って行きます

メバルにハリス2号を使うのは、30㎝近いメバルを引き抜くためです
夜釣るので、いちいちタモにいれている暇はありません

今はなかなかないですが、30㎝近いメバルが、2本とも食いつくとなかなか上がりません
それはそれで、ドキドキします
長い間、そんな思いしていません
メバル釣りしたいです

月例会が延期になれば、平磯海づり公園で一発真鯛を狙います
水中映像も撮れるように、準備出来ています

  


Posted by 伯楽の大家 at 20:04Comments(0)

2017年04月20日

五年後のカゴ釣り

五年後のカゴ釣りを考えてみますと、サングラスに写る水中映像を見ながら、魚が食った瞬間に合わせを入れて釣るような釣りをしている事でしょう

ドローンに始まって、今年は、水中ドローン元年で革新の年です
魚がいるかいないかを確かめて釣る
エサ取りのかわし方が変わる
見ながら釣るので、当然ですよね
カゴの横50㎝にハネが3匹いる。 さて、どうやって釣るか
真鯛がいた!! 目測50㎝ さて、どうやって食わす?

釣り方が、変わりますよね

当然、釣れない時の言い訳が、今日は、魚がいなかったと言う事になります

海底の様子も手に取るように分かります
見えているからね
そうすると、どこに魚が付いているか分かります
釣果情報が、3番西側の00岩の所とか、誰かの名前が付けられるかも知れません
今は、テントに番号が附されていますが、磯に番号が付されるようになり、海底マップがスクリーンを通して、海上に投影されるようになるでしょう

などと、考えながら今を楽しみます

  


Posted by 伯楽の大家 at 08:16Comments(0)

2017年04月19日

真鯛釣りin平磯海づり公園2

平磯海づり公園で、シラサエビを使ったカゴ釣りで真鯛を狙います





毎年同じ事をしていたのでは、進歩がありません
で、今年は、いつも使っているヤマシタの棚撒きシャトルでは、カメラを取り付けると、仕掛けが絡んでしまいます

そこで、同じヤマシタの遠投シャトル天秤付 6号にカメラを取り付けたのが、この写真です
このタイプは、カゴが棚に着くとカゴが上に開きますので、仕掛けが絡みにくいと思います
それと、必ずカメラが潮下に向くように固定しています

釣り方としては、通常と同じです
ただ、その様子をカメラが撮影しているのが違います
3回ほど投げて、ミニSDカードを取り出して、パッドで再生して思うように流れているかと海底の様子を確認します
それから、棚の設定を調整します

また、何回か投げてSDカードを回収して、今度は、エサ取りがどのようにエサを取っているかと、真鯛が寄って来ていないかを確認します

それに応じて微調整します

要は、真鯛釣りの見える化です

MUSONを使っているので、バックモニターは付いているので、水中映像を見る事は出来ますが、老眼の為大きな画面で見たいので、その場でパッドで見ます

今年は、これで4倍真鯛を釣ろうと考えています
でないと、やる意味ないですよね
それと、エサ取りがチャリコなので、如何にかわして真鯛を釣るかです
水中映像を見ていると、何か気づきがあるかもね

私が気づかなくても、YouTubeに水中映像をアップしますので、誰か気付いて、新しい釣りが始まります





  


Posted by 伯楽の大家 at 18:28Comments(0)